夏を感じるディスプレイというと

日本には四季があって、それぞれ趣があります。また、個人で感じる季節感というのは体感できる温度や湿度、天候や日差しなどからもあるものでしょう。
季節に応じた服装や食べ物など、日常生活においても変化が見られるものです。お店などでも人々が感じとる季節に応じたディスプレイなどをするようになります。
いろいろなパターンがあるのですが、春から暑さを感じる季節に変化をしていく際には、その季節に対応した商品を購入したいという気持ちになるように、店舗側はいろいろな工夫をしていくことになります。お店では人々の目につくようなエリアに展示をしながら、これからの時期を楽しむことができるようにすることになります。
食品や衣料品、雑貨や家電品など、それぞれのジャンルで夏らしさを示すことになります。

暑い季節でも日々の食を楽しむ

デパートやスーパーなど、食品を扱うところでもその季節を味わうことができるものを目立つところに示すようになっています。一例としては、旬の野菜や果物、魚などを出して、安さや美味しさ、栄養などを宣伝するところも多く、きゅうりやピーマン、ナスなどのほかにもスイカ、うなぎなども暑さの厳しい時期にはいいでしょう。
また、そうめんや麺つゆなどを特設コーナーに出したり、アイスクリームの特売を頻繁にしたりする場合もあります。のど越しのよいものは特に人気があります。さらに、関連グッズとしてかき氷器やそうめん流しなども関連の食品売り場に配置して、季節を意識するような工夫がされているのを見かけることもあります。
普段、自然に目に入っているものでも季節を感じるものはかなりたくさんあります。

暑い季節を意識する商品

デパートや大型スーパーに行くと、いろいろなディスプレイを見ることができます。エスカレータ-がある店舗では目に付きやすいその付近に季節ものの商品をマネキンなどで示してあることがほとんどです。
夏場に必要になる水着や浴衣などにバッグやサングラス、サンダル、帽子などを合わせる場合もあります。もちろん、夏服の半そでやノースリーブなどのコーディネートをしてあるマネキンもあります。
また家電品や生活雑貨などでは、扇風機や冷風機、エアコンや涼しさを感じる器、扇子やうちわ、麻などの素材のインテリアグッズが展示されていたりするので、暑い季節を乗り越えることができるような方法を考えていくことになります。
このように、店舗の中を見てみると、季節感があるものが溢れていることがわかります。