知っておきたい夏のディスプレイについて

陳列や配列を意味する言葉としてディスプレイがあります。一般的にデコレーションを意味する装飾を含めて表現されることも多く、店舗においては必要不可欠な要素の1つになります。
行われるケースとしては年間のイベントに合わせて行われるものがあり、例えば代表的なものとしてはクリスマス商戦などを上げることができます。近年においては季節ごとに行われることも多く、特に夏の場合には5月~6月、6月~8月と長い期間に渡って行われます。それぞれの期間に特徴があり、行う際にはポイントを押さえることが大切になります。ポイントを押さえることで店舗は集客につなげることができ、例えば、服飾関係の店舗であればトレンドを把握しておくことで、より効果を上げることができるようになります。

5月~6月に行う際に押さえておきたいポイント

5月~6月は初夏としてディスプレイを行うことになります。この時期はゴールデンウィークの大型連休を始まりとして、気温も温かく過ごしやすくなることから人々が活動的になるシーズンです。ポイントには瑞々しいカラーを用いることがあり、若草や若葉など新鮮なイメージのある内容にすることで効果を上げることができます。季節を感じさせるカラーとしては、オレンジ、イエロー、ライトグリーンなどがあり、上手に配色展開をすることがポイントになります。注意点としては同じカラー系統でもビビッドカラーを使用しないことがあり、あまり、強い色の場合には暑苦しさを与えてしまうことになります。できるだけ、フレッシュさや、すがすがしさ、開放感のあるカラーを用いる必要があり、これらのカラーが季節に最も適した配色になります。

6月~8月に行う際に押さえておきたいポイント

この時期はまさに盛夏に合わせたディスプレイとなります。6月~8月は5月~6月とは異なり、ビビッドカラーを使用しても効果を期待することができ、人々もアウトドアなど、より活発に活動します。ボーナス時期も重なることから購買意欲が高まる季節でもあり、ここでは、印象を強くした内容の方が売上に結び付けることができます。6月~8月はアクティブ感やアウトドア感がテーマとなるシーズンであり、店舗装飾には、力強さや活気、躍動感が求められます。カラーとしては、ブルーやホワイトが代表的なものとなり、最近においては暖色系も用いられてます。ただし、暖色系の使用には注意が必要になり、過剰に用いてしまうことで、暑苦しいんなどの不快感を与えてしまうことがあります。ここでは、バランスを考えて使用する必要があり、ワンポイントとして施すことでより爽快感を引き出すことができます。